天琴ロゴマーク
Main Image
天琴ロゴマーク

Recycling Business
- 循環型ビジネスモデル -

私たちが目指す循環型社会のビジネスモデルコンセプトマップ

このコンセプトマップは、従来の生ゴミの処理、
活用の流れと私たちが目指す未来の循環型サイクルを図にしたものです。

【未来の循環型サイクル】

未来の循環型サイクルイメージ

コンセプトマップに示されている「生ゴミの処理・ビジネスモデル」は、これまで「外部不経済」に位置づけられており、市民が納める税金によっ て、ほぼ全てが処理されていました。高度経済成長期など、大量消費時代は、こうした「従来のサイクル」と呼ばれる方法が一般的であり、税金で賄うことも問題ありませんでした。

しかし、時代は変わりました。
長引く景気低迷から、税金を投入することが難しい環境になりつつあります。ゴミ処理も経済化し、合理的な資源循環に組み込み、コストを低減した上で、社会そして地域社会を持続可能なものにしていかなければなりません。

私たちは、生ゴミを特徴あるクリーンで優良な農業資材に変え、農産物を育成し、安全で安心な食を消費者へ提供し、再度生ゴミを資源化するという、生ゴミの資源化サイクルビジネスを実現します。